前撮り・カタログ

振袖を選ぶ

振袖ガイド

佐沼屋について

ご来店予約
お問い合わせ

振袖の美しく見える着方とは振袖の美しく見える着方とは

一生に一度の晴れ着ですから、ご自身に合ったキレイな着こなしをしたいものです。
洋服と同じで、振袖にもキレイに見える一定の法則・ルールがあります。
お嬢様好みの着こなしと合わせて参考にしてください。

タイプ別 その1

お肌が色白な方

お好みにより大体の色は合いますが、振袖の色目が濃い地ものを選んだ時は、
衿に明るいものを持っていき、お顔の肌とバランスを取るようにしましょう。
色目により、感じる感覚を参考までにあげておきます。
○赤・ピンク=可憐 ○黒=重厚、シック 
○白=爽やか
○黄色=元気 
○水色=清らか 
○緑=信頼
振袖試着の際、お嬢様が自分をどのように見せたいのかお店の方に伝えると、
それに合わせた色目を出してくれます。まずは自分の好みをはっきりさせましょう。

お肌が比較的濃い目の方

お肌が濃い目のお嬢様には、
中和させる意味で、濃い色目を選ぶお店が多いのですが、
佐沼屋ではむしろ淡い系統・明るめの振袖をオススメしています。
晴着である以上、お顔映りは明るくしたいもの。
淡い色系統の振袖と、それに合わせたメイクをすることでお嬢様が輝きます。

タイプ別 その2

お背が高く、グラマスな方

お背が高く、ふくよかなお嬢様は
着物全体に描かれたダイナミックな紋様がオススメです。
紋様の素晴らしさを余すところなく着こなせるからです。
地色が少なめで、幾分濃い地色がいいかもしれません。
少し冒険かしら・・・と思うような、個性的な色目もお似合いになるでしょう。

お背が高く、ほっそりとした方

お背が高く、ほっそりとしたお嬢様は、
様々なタイプの振袖が着こなせる方です。
大胆な柄や優美な柄もエレガントになるでしょう。
古典的なモチーフが流れるように描かれた優美な柄行は
間違いなくエレガントに着こなせるはずです。
また、大胆な紋様・柄付けの振袖も意外なほどお似合いになるでしょう。

小柄でグラマスな方

小柄でぽっちゃりとしたお嬢様は、
愛らしい雰囲気の振袖がお似合いになるでしょう。
紋様選びは大胆なものはなるべく避けていただき、
地色も強いものは避けるといいです。
どちらかというと、紋様が全体的にあるものより、
すっきりとした感じのものの方がお似合いにあるケースがあります。

小柄でほっそりとした方

小柄でスリムなお嬢様は、
大柄な紋様はできるだけ避けた方がいいかもしれません。
スリムな分、柄紋様も小ぶりなものの方がバランス良く見えることが多いです。
色目は好みですが、キツイ色目は避け、
優しい色目(明るく淡い色目)を選ぶといいかもしれません。

キレイに魅せるポイント

「半衿(半襟)」次第でお顔映りが
更にステキに?

着たい振袖でお顔が映えない場合には、重ね衿で調整をしてみてください。
特にお肌が濃い目の方が、色目の薄い振袖を選んだ場合、重ね衿に濃い色目のものを持ってくると、
キレイにおさまることが多いですので参考にしてください。

帯が、お嬢様の振袖の
「格調」「クォリティ」を高める。

人は、相手の顔と同時に、無意識に身体の中心であるお腹の部分に視線が行きがちであることが分かっています。
着物の場合、胴に当たるのが帯です。
そして、この帯が着物に対し弱く見えると、バランス良く見えないことが多いのです。

振袖は、着物自体に色・柄のインパクトがありますので、
帯が弱いと、着物の中でもっともインパクトのある上前(膝より下の箇所)に目が行ってしまい、
自然と全体がどん詰まりに見えることがあるのです。
ましてや、振袖の後ろ姿は帯がメイン。
結び方の工夫もさることながら、帯そのものにもインパクト・重みがほしいところです。

葵

花扇花扇

華文庫華文庫

雅

蝶姿蝶姿

変わり文庫変わり文庫

コーディネートの仕上げは「半衿・帯締め・帯揚」

ディティールを綺麗に見せることが本当のオシャレにつながります。
特に、帯締めを一つ変えるだけで振袖全体の雰囲気が変わります。
帯締めはいわゆる「小物」ですが、
その小さい
アイテムが振袖全体の雰囲気を変えてしまうのですから、気を遣って頂きたいものです。
小物のコーディネートにしっくりいかない場合、後々後悔することになりますので、ご注意ください。

以下のページも是非参考にしてください。

小物使いでオシャレ度アップ

お気軽にお問い合わせくださいお気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-754-529お問い合わせご来店予約
Top
フリーダイヤルお問い合わせ来店のご予約Top