前撮り・カタログ

振袖を選ぶ

振袖ガイド

佐沼屋について

ヘア体験予約
ヘア予約不必要

佐沼屋ブログ佐沼屋ブログ

振袖のたたみ方~保管と収納方法~





はじめに
こんにちは!佐沼屋でございます。
余寒厳しき折、お障りなくお過ごしでしょうか。

成人式から早1か月近くが過ぎ、クリーニング中のお振袖がお手元に戻ってくる時期が近づいてまいりました。

タンスやクローゼットに保管する前に、お振袖の保管方法についておさらいしておきましょう。

今回はお振袖に適した保管場所やたたみ方についてご案内いたします。

振袖に最適な保管場所
まずは「お振袖に最適な保管場所」を準備しておきましょう。

お振袖に相応しくない場所は湿気の多い環境です。

水まわりや湿気がこもりやすい部屋、直射日光で高温になりやすい場所での保管は避けましょう。
プラスチック製の衣装ケースや紙製の箱は、通気性が不十分だったり湿気を吸いやすかったりと長期保存に適していません。

風通しが良く、直射日光が当たらない場所で、桐製のタンスやケースを使って保管するようにしてください。
桐には調湿作用や防虫効果があり、お振袖の長期保管場所として最適です。

また、保管する際はタンスや引き出しの上段に入れて、湿気を避けるようにしてください。

定期的にタンスや引き出しを開けて、空気の入れ替えをするのも忘れずに……

防虫剤の使い方
防虫剤はポイントを押さえて使いましょう。

<防虫剤は一種類だけ使う>
いくつも併用すると、化学反応を起こしてシミを作ってしまう原因になります。
防虫剤は一種類だけ使用するようにしてください。

<お振袖の上に直接置かない>
生地の上に直接置くと、その部分が変色したりシミになってしまったりとお振袖を劣化させてしまうおそれがあります。
防虫剤は、たとう紙の四隅に載せるようにしてください。

<防虫剤は定期的に交換する>
防虫剤は半年ほどを目安に交換しましょう。
乾燥剤を使用する場合も同様です。
そのままにしておくと、溜まった水分が原因でカビが生えてしまうおそれがあるので注意が必要です。

また、お振袖を包んでいるたとう紙も1〜2年を目安に交換するようにしましょう。

それ以上使い続けると、紙が湿気を吸ってカビが生えたり、変色やシミができたりと回復が難しい状況に至ってしまいます。

振袖のたたみ方






お振袖の縫い目に沿ってたためば、シワにならずきれいにたたむことができます。
お振袖のたたみ方の手順をご紹介いたします。

①左側が衿、右側が裾になるようにお振袖を広げます

②自分からみて手前側の前身頃を脇線に沿って内側に折ります

③手前側の身頃をおくみ線に沿って自分の方に折り返します
 衿を内側に折ります

④自分からみて奥側の衿とおくみを③で折った衿とおくみの上にぴったりと重ねます

⑤奥側の脇線を手前側の脇線の上に重ね合わせます
 左右の袖も重ね合わせます

⑥重ね合わせた袖の上側を身頃の方に折り重ねます

⑦身頃を半分に折ります(裾を肩の方まで折ります)

⑧両手で生地の左端(肩と裾)をしっかり持ち、全体を裏返します

⑨手前の袖を身頃に重ね合わせます

以上がお振袖のたたみ方です。
たたみ終わったらたとう紙に包んで桐のタンスやケースに入れて保管してください。
防虫剤や乾燥剤は先述した内容を参考になさってください。

佐沼屋では大切なお振袖のメンテナンスも承っております。
ママ振や姉振など、しばらくお袖を通していないお振袖があれば、佐沼屋までご相談ください。
佐沼屋着物クリニック

最後に
寒い冬の終わりも、もうすぐです。
お体に気をつけて、元気にお過ごしください。

◇ ◇ ◇

茨城県南一の振袖の品揃えを誇る佐沼屋呉服店は、茨城県龍ケ崎市・牛久市・阿見町・稲敷市・美浦村・河内町・利根町・取手市・守谷市・つくばみらい市・土浦市・つくば市・常総市で成人式のお手伝いをさせて頂いております。

皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております!

振袖に関するご相談はこちら
来店ご予約はこちら

InstagramやTwitterも更新中!ぜひ覗いてみてください!
佐沼屋呉服店 Instagram / Twitter
佐沼屋写真館Peter House Instagram / Twitter

2022.02.02 10:14
【2023年成人式】黒の振袖コーデで成人式を楽しもう!





はじめに
こんにちは!佐沼屋でございます。
小雪のちらつく空に春が待ち遠しく感じられるこのごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

近頃、密かに人気を集める「黒いお振袖」

皆さんは、黒いお振袖にどのようなイメージを持っていますか?

今回は黒いお振袖についてご紹介いたします。

成人式の振袖で人気急上昇!黒の振袖の魅力とは?
黒は何物にも影響を受けない色として強い存在感を放ちます。

洋服であれば「スタイリングしやすい」「引き締まって見える」と歓迎される黒ですが、お振袖になると暗いイメージが先行して選ぶ方は少数のように思われます。

ですが黒のお振袖は正絹という高級素材でできていることもあり、質感が良く「品格」や「落ち着き」といった新成人にふさわしいワードが並びます。

また黒は赤や黄色、緑、青といった様々なお色と相性が良く、どんな柄も引き立たせてくれるため、シンプルなデザインでも目を引くお振袖となります。

柄行や黒の面積によっては重苦しくならないので「大人っぽい振袖を探している」という方は黒をセレクトしてみてはいかがでしょうか。

黒の振袖コーデで成人式を楽しもう♪
黒いお振袖を着こなすポイントは「合わせる色使い」です。

合わせ方しだいでクールにもキュートにも変化するので、どんな印象にしたいのかゴールをしっかり設定して、自分らしいコーディネートを楽しんでください。

黒いお振袖のカラーコーディネートの一例をご紹介いたします。

<黒×赤>






「女性らしさを残しつつ、カッコよさも欲しい!」そんな時は黒と赤の組み合わせなんていかがですか。

見た目はスパイシーですが、暖色から女性らしさが伝わってきます。

差し色にゴールドやグリーン、紫を使うとモダンな印象にまとまります。

<黒×ピンク>
「黒が着たいけどきつい印象にはなりたくない」そんな時は黒とピンクの組み合わせがおすすめです。

ピンクをふんだんに取り入れた古典柄なら、重たくならずハレの日にふさわしい華やかさをまとうことができます。

帯締めや帯留めといった小物のお色を統一させると柄が引き立ちます。

<黒×水色>
「品格の中に知的な印象を取り入れたい」そんな時は黒と水色の組み合わせをおすすめします。

寒色系はクールなだけでなく、知的な印象を与えます。

全体の色数を3~4色程度に抑えると、落ち着きの中に凛とした知性を放つ振袖コーデに仕上がります。

<総絞り>
お振袖の中でも高級の最たるものといわれる「総絞り」

手間ひまをかけて作られた総絞りのお振袖は、シンプルですが味わいのある古風なお振袖です。

小物のお色しだいでどんな雰囲気にもなるので、自分の個性を表現しやすい方におすすめです。

成人式はカラフルな多いので、総絞りのお振袖は人目を引くこと間違いなしですよ!

最後に
立春が近いとはいえ、まだ寒い日が続きます。どうぞお体をおいといください。

◇ ◇ ◇

茨城県南一の振袖の品揃えを誇る佐沼屋呉服店は、茨城県龍ケ崎市・牛久市・阿見町・稲敷市・美浦村・河内町・利根町・取手市・守谷市・つくばみらい市・土浦市・つくば市・常総市で成人式のお手伝いをさせて頂いております。

皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております!

振袖に関するご相談はこちら
来店ご予約はこちら

InstagramやTwitterも更新中!ぜひ覗いてみてください!
佐沼屋呉服店 Instagram / Twitter
佐沼屋写真館Peter House Instagram / Twitter

2022.01.28 09:26
「きものの町」新潟県十日町市に振袖の選品に行ってきました!


写真:Photo AC

こんにちは、佐沼屋呉服店です!
一月も終わりを迎えようとしていますが、春の訪れはまだ少し先のようです。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?




先日、新潟県十日町市に行ってきました!
目的は日本きものシステム協同組合(JKS)のパンフレットに掲載する振袖を選ぶこと。
残念ながらパンフレットの完成まで振袖をお見せすることはできませんが、今年もたくさんの素敵な振袖と出会うことができました。発表の日を楽しみにお待ちくださいね!



この時期の十日町は分厚い雪に覆われ、一面の銀世界が広がっています。当日は天気に恵まれたこともあり、素晴らしい景色を見ることができました。

ところで、何故振袖を選びに訪ねる場所が十日町なのか。そう不思議に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
おそらく「着物の町」と聞いたとき、一番最初に「京都」や「金沢」あたりの都市を思い浮かべる人は多いと思います。着物の生産地としても、日常的に着物を着ている人が多い場所としても有名だからです。

実は十日町の織物の歴史はとても長く、その中でも最古の記録は紀元前4世紀~後3世紀中頃(弥生時代)まで遡ると言われています。その頃の遺跡から、「紡錘車」という糸を巻き取る道具が発見されているんです。(もっと詳しい歴史を知りたい方は十日町市博物館のHPをご覧ください!)



それから長い年月を経て明治時代を迎え、十日町は「明石ちぢみ」や「意匠白生地」を生み出し、絹織物産地として全国にその名をとどろかせました。昭和三十年代に京都から導入した友禅の技法は「十日町友禅」として花開き、今も振袖をはじめとする様々な作品に使われています。

また、十日町における着物の生産の一番の特徴が、全ての工程をひとつの会社や工房で行う「一貫生産システム」にあります。デザインから染め、織りや絞りなど全てを一か所で行うことで、高い品質のものが作られるんですね。


そんな十日町で作られる代表的な振袖といえば、そう、辻が花です。
辻が花染めは描き絵と箔・刺繍などを併用した美しい技法ですが、江戸時代にこつ然と姿を消してしまったことから「幻の染め」とも呼ばれています。辻が花振袖は着た人を可憐に、そして豪華に見せてくれる美しい振袖です。



佐沼屋呉服店では数々の辻が花振袖をお取り扱いしております。見ても着ても美しい辻が花振袖は、成人式だけではなくその先も長く着て、ともに人生を歩んでいける振袖です。
詳しくは佐沼屋呉服店プレミアム振袖のページをご覧ください。




県内でのオミクロン株の流行拡大により、他県に続き茨城県も国に対して「まん延防止等重点措置」の適用を申請しました。先の見えない日々が続きますが、皆様何卒ご自愛ください。

私共も改めて気を引き締め、しっかりと感染対策をしたうえで皆様のご来店をお待ちしております。

◇ ◇ ◇

茨城県南一の振袖の品揃えを誇る佐沼屋呉服店は、茨城県龍ケ崎市・牛久市・阿見町・稲敷市・美浦村・河内町・利根町・取手市・守谷市・つくばみらい市・土浦市・つくば市・常総市で成人式のお手伝いをさせて頂いております。

皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております!

振袖に関するご相談はこちら
来店ご予約はこちら

InstagramやTwitterも更新中!ぜひ覗いてみてください!
佐沼屋呉服店 Instagram / Twitter
佐沼屋写真館Peter House Instagram / Twitter

2022.01.27 10:26

- Sanumaya -